理論株価Web<理論時価総額マップ>

理論時価総額と時価総額の統計分布マップを毎日更新

理論時価総額マップについて

理論時価総額に対する時価総額の統計分布。
基準線より上ほど割高、下ほど割安。
[全マップ|東1マップ|東2マップ|JASDAQマップ|マザーズマップ]
[超大型マップ|大型マップ|中型マップ|小型マップ|超小型マップ]

[↑][↓][←][→]で銘柄チップ切替。[Ctrl]でスクロール抑制。


パラメータ設定

市場
業種
規模
ピックアップ銘柄コード





活用ヒント

理論時価総額と時価総額は正規分布となり、
時価総額が大きいほど高い相関を示します。
ただし、小規模下では乖離率の高い例外により、
相関度は低下します。

理論値と時価の乖離要因は、
主に時間と業績のズレにあります。
理論時価総額は、実績または、
今期予想から算出されていますが、
業績変化の大きい銘柄(特に小型株)は、
時価で数年先まで織り込みます。

理論値からの乖離が大きいほど、
期待先行で不確実性の高い状態ですが、
これは、時間、実績の経過とともに、
織り込まれ修正されていきます。

結果として、長期的に時価は、
理論値に収斂していくことになります。


情報の利用は、利用者の責任で行ってください。当サイトは一切の責任を負いません。