配当格付Web<配当格付の詳細>

4000銘柄の配当格付、配当利回り、予算別ランクを毎日更新

配当格付とは?


 配当格付とは、配当株を「利回りランク」「株価下落リスク」「減配リスク」「倒産リスク」の評価項目で6段階に格付けした長期安定運用におすすめの評価指標です。(kabuka.bizオリジナル)


配当格付の定義


 格付A (超優良)
  利回りランクAかつリスクポイントなし。

 格付B (優良)
  利回りランクBかつリスクポイントなし。
  または利回りランクAでリスクポイント−1。

 格付C (普通)
  利回りランクCかつリスクポイントなし。
  または利回りランクB以上でリスクポイント減点でC相当のもの。

 格付D (不良)
  利回りランクDかつリスクポイントなし。
  または利回りランクC以上でリスクポイント減点でD相当のもの。

 格付E (大不良)
  利回りランクEかつリスクポイントなし。
  または利回りランクD以上でリスクポイント減点でE相当のもの。

 格付除外
  無配、もしくはリスクポイントが利回りランクを上回るもの。


配当格付の判定条件


 利回りランク
  A:4%以上
  B:3−4%
  C:2−3%
  D:1−2%
  E:0−1%
  除外:無配

 株価下落リスク
  適正:PBR2倍未満かつ0.5倍以上

 減配リスク
  適正:自己資本比率40%以上 (金融業は8%以上)
  適正:ROA5%以上 (金融業は10%以上)
  適正:配当性向100%未満
  適正:純資産500億円以上
  適正:時価総額1000億円以上

 倒産リスク
  適正:倒産確率Webの倒産確率が0%

 適正から外れるほどリスクポイントが加算されます。


情報の利用は、利用者の責任で行ってください。当サイトは一切の責任を負いません。